総合学科   
 1 総合学科の特色
(1)教科・科目の選択
 世の中が日々変化する今日,いかなる状況の中でも夢に立ち向かう人を育てるために,誠之館高校の「学び」は変わっていきます。
 
 福山誠之館高校は,平成27年度から,広島県より「探究コアスクール」の指定を受けました。本校では,特に1年次に取り組む「産業社会と人間」,2・3年次に取り組む「総合的な学習の時間(誠之ナビ,誠之ゼミ)」において,探究的な学びに関するカリキュラム開発を行っています。

 今まで学習した教科の知識や経験,新たに調べた知識をもとにして,課題を発見し,仮説を立て実証的に結論を導き出していきます。教科で学んだことと課題発見・解決学習での学びがつながり,さらに,将来の夢へとつながっていきます。
 
(2)系列の設置 
  教科・科目選択の“めやす”として総合学科では系列が設置されています。本校では次の系列を設置しています。

人文科学系列 文学,語学,歴史学等の人文科学の基礎的な知識を身につけ,人類の文化を体系的,系統的に理解する能力と態度を養うことを目的とした系列です。文学部・教育学部などへの進学を志向する系列です。
社会科学系列 政治,経済等の基礎的な知識を科学的に学び,人間社会に対して幅広い視野で洞察する能力と態度を養うことを目的とした系列です。法学部,経済学部などへの進学を志向する系列です。
自然科学系列 数学,理科等の基本的な法則を学び,自然現象を科学的に理解する能力と態度を養うことを目的とした系列です。工学部・理学部・教育学部などへの進学を志向する系列です。
生命科学系列 生物や生命現象に関する基本的な原理・法則について理解を深め,実際的な事柄に当てはめて活用しようとする能力と態度を養うことを目的とした系列です。医学部・薬学部・農学部などへの進学を志向する系列です。
国際文化系列 外国の言語や文化について,情報受信能力のみならず発信能力も伸ばし,コミュニケーションを積極的に図ろうとする態度および国際理解と文化に対する興味・関心を養うことを目的とした系列です。外国語学部・国際学部などへの進学を志向する系列です。
生活・芸術系列 生活や芸術に関する基本的な知識と技術を習得させ,「生活の質」の向上に貢献する能力と態度を養うことを目的とした系列です。家政学部・芸術学部などへの進学を志向する系列です。
健康スポーツ系列 健康,安全,運動に関する基本的な技術と知識を実践的に修得させ,質的に健康で豊かな生活を追求する能力と養うことを目的とした系列です。体育学部などへの進学を志向する系列です。



2 原則履修科目等

総合学科には中心となる原則履修科目などがあり,すべての生徒が履修することになります。

産業社会と人間 (1年次)

学びの扉プロジェクト
 入学後に行われる「誠之スクール」(オリエンテーション)において,誠之館での学びをスタートします。様々な角度から「学ぶ意味」について考え,一人一人の高校生活の過ごし方を考えていきます。
 

 ただ漠然と学習を進めるのではなく,社会でどのような力が求められ,その力を誠之館高校での学習や生活を通して,どのように身に付けていくかを細かく理解することで,その後の高校生活が充実したものになります。
福山市プロデュース
 総合学科の教育課程で履修する「産業社会と人間」では,思考のツールや表現力を身につけ,協働的な活動のために必要な資質を,年間を通じて育成します。そして,1年間のまとめとして行われる授業が「福山市プロデュース」です。福山市の地域課題について考察し,その課題に対する解決案をグループで協力しながら「福山市への提案」という形で作成していきます。作成した案はポスターにまとめ,全体発表会の後に,相互評価を行います。

誠之ナビ (2年次)





 大学模擬授業
 学部・学科研究の一環として,大学の教授・准教授・講師による講義を聴講し,具体的な進路についてより深く考えることがねらいです。講義では,大学で実際に展開されている授業の内容を,高校生にもわかるようにお話いただきます。

 大学で学ぶことと,高校で学んでいることがどのように結びつくのかを考え,将来どのような道に進みたいか,より明確にしていきます。

 誠之チャレンジ(修学研修旅行)  
@事前学習 
 設定した課題にグループのメンバーとともに取り組んでいきます。調べた内容をただまとめるのではなく,自ら問いを立て,収集した情報を使って自分たちの答えを導き出します。
 A企業研修 
 研修先で,取り組んだ課題の成果を発表します。パワーポイントを用いたプレゼンテーション形式で行われ,研修担当者から講評をいただきます。また,実際の職場を見学したり,そこで働く方々のお話を聞いたり,実際の仕事の一部を体験したりなど,研修先ごとに様々な研修が実施されます。
B発表・交流
 研修で学んだことに基づき,事前学習の内容を発展させます。
 1年次生に対する発表等を行いながら,体験した成果を交流します。
 
   
 誠之ゼミ (3年次)

課題研究
 2年次後半に設定した各自の課題について探究活動を進めていきます。課題に対する仮説を立て,調査・実験・観察・先行研究や必要な文献の収集をし,仮説を検証して結論に至るための考察などを行います。各分野の担当の先生にアドバイスをいただきながら,研究を進めていきます。研究内容は最終的にレポート(論文)にまとめます。

 ≪これまでの研究テーマ例≫
・古典文学のあいまいさ〜源義経の真実を探る〜
・ペルセウス座流星群の観測〜流星群の観測条件とは〜
・窃盗罪の成立条件とは〜過去の判例からの考察〜

TOPへ

広島県立福山誠之館高等学校

広島県福山市木之庄町六丁目11−1
TEL.084-922-0085
FAX 084-922-0088