記 念 祭 歌


一 新緑もゆる誠之館
  ああ紺碧の空高く
  見よ朝風に翻る
  剛健自治の旗の色
  健児千余の歌声に
  今ぞ開くや 記念祭

二 夕月かかる葦陽城
  ああ悠遠の空の色
  久遠の黙示偲びつつ
  誠之の森の自治灯に
  今宵灯ともす記念祭
  いざや歌わん 我が歌げ

三 蔵王山嶺星高く
  悠こうたりや銀河系
  ボンファイヤーの歌声に
  我が青春をうそぶけば
  こだまは遠く星答う
  いざや歌わん 我がいのち