福山誠之館の沿革概要 
ボーダー

扁額「誠之館」(複製) 徳川斉昭 書

天明 6年 1786  7月 福山藩主阿部正倫,福山城西堀端に藩校「弘道館」を創設
嘉永 6年 1853   老中首座福山藩主阿部正弘学制改革を決意し,新学館建設を命ずるこの年冬,江戸新学館完成)
安政元年 1854   中庸「誠ハ天ノ道ナリ、之ヲ誠ニスルハ人ノ道ナリ」)により,新学館を「誠之館」と命名
この年12月福山西町道三口現霞町一丁目)に「福山誠之館」竣工
安政 2年 1855   1月16日「福山誠之館」開校
明治 2年 1869   福山西町字築切に,誠之館附属の医学校兼病院同仁館)を開設この年,誠之館山野支校設置
明治 3年 1870   学制を改革し,漢学を廃して,普通学科を設け,国文教科書を用い,ほかに英学・仏学・漢学の専門学科を置く12月西町・東町に女学校設置誠之館支校)
明治 5年 1872 10月 藩校「誠之館」閉校
明治 6年 1873 8月
以降
旧誠之館施設を,福山士族共立小学校・小田県師範学校・広島県公立師範学校分校・広島県師範学校分校・広島県福山師範学校校舎等として使用
明治12年 1879  7月 広島県福山中学校開設(再生)
明治20年 1887  4月 尋常中学福山誠之館と改称
明治26年 1893  4月 広島県福山尋常中学校と改称
明治30年 1897  4月 広島県第二尋常中学校と改称
明治32年 1899  4月 広島県第二中学校と改称
明治34年 1901  6月 広島県立福山中学校と改称
昭和 2年 1927  9月 広島県立福山誠之館中学校と改称
昭和 7年 1932  4月 福山市三吉町旧広島県福山師範学校校舎)に移転
昭和23年 1948  2月 通信教育部を設置
昭和23年 1948  5月 学制改革により広島県福山誠之館高等学校となる
昭和23年 1948  7月 定時制課程夜間及び水呑,鞆分校)を創設
昭和24年 1949  4月 学校再編成により広島県福山東高等学校と名称変更
昭和28年 1953  4月 広島県福山誠之館高等学校と名称変更
昭和37年 1962  4月 高等学校の通常課程を全日制課程・通信教育部を通信制課程に改称し,全日制家庭科の募集停止
昭和38年 1963  4月 全日制商業科・定時制被服科水呑,鞆分校)募集を停止
昭和39年 1964  3月 福山市木之庄町に本校移転用地111,105uの買収完了
昭和42年 1967  1月 本校移転用地敷地造成の地鎮祭並びに起工式を行う
昭和43年 1968  4月 本校移転用地敷地造成完了
昭和43年 1968 10月 広島県立福山誠之館高等学校と名称変更
昭和44年 1969  8月 新校舎竣工
昭和44年 1969 10月 新校舎へ移転完了
昭和44年 1969 11月 広島県教育委員会規則第15号をもって本校の位置を福山市木之庄町に改められる
昭和45年 1970  8月 体育館竣工
昭和45年 1970  8月 プール竣工
昭和46年 1971  2月 講堂竣工
昭和46年 1971  3月 格技場,運動部室竣工
昭和46年 1971  5月 学校移転落成式挙行
昭和51年 1976  4月 広島県公立高等学校通学区域に関する規則の改正により,第9学区総合選抜制となる市内5校による総合選抜)
昭和59年 1984  4月 総合選抜制一部変更理数類型を設置)
昭和63年 1988  4月 広島県公立高等学校通学区域に関する規則の改正により,第9学区東部総合選抜制となる市内3校による総合選抜)
平成元年 1989  3月 通信制課程専用体育館竣工
平成 3年 1991  4月 広島県立高等学校設置条例の改正により,通信制課程が独立して広島県立東高等学校となる
平成 8年 1996  2月 セミナーハウス竣工
平成10年 1998  4月 広島県立高等学校学則の改正により,総合学科が設置される
平成11年 1999 12月 新南館竣工
平成12年 2000 11月 南館,誠之会館落成式挙行
平成14年 2002 10月 北館内部リフレッシュ終了
平成15年 2003 3月 本館外部リフレッシュ終了
平成17年 2005 3月 本館内部リフレッシュ終了
平成17年 2005 12月 講堂内部リフレッシュ終了
平成18年 2006  3月 部室改築竣工
平成19年 2007  3月 新体育館改築竣工,プール解体
平成28年 2016 3月 本館,中庭竣工
平成28年 2016  4月 本館落成式挙行

TOPへ

広島県立福山誠之館高等学校

広島県福山市木之庄町六丁目11−1
TEL.084-922-0085
FAX 084-922-0088